FC2ブログ
粋な大人のブランドアイテム
  楽天市場 > グルメスイーツデジタルインテリアファッションブランド


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ボダム・フレンチプレス
■ ボダムのフレンチプレス・コーヒーメーカー
ボダム(bodum)コーヒーメーカー

日本ではコーヒーメーカーといえばドリップ式が中心だが、最近はフレンチプレスと呼ばれる圧縮式のコーヒーメーカーも注目されている。中でもボダムのコーヒーメーカーは、気軽に本格派フレンチプレス式コーヒーの味わいを提案してくれるということで高い評価を集めているようだ。

ボダムは1944年にデンマークのコペンハーゲンでピーター・ボダムによって設立され、もともとは家庭用品雑貨の卸売業としてスタートした。ボダムがオリジナル商品を手がけ始めたのは1950年代からで、1958年に建築デザイナーのカース・カレッソンと共同でボダム初のサイフォン式コーヒーメーカー・サントスを開発して大ヒットとなった。

ボダムは1974年にはフレンチプレス式コーヒーメーカー・ビストロを発売。フレンチプレスとは、器具の中に挽いたコーヒー豆を入れて直に熱湯を注ぎ、しばらくおいてからメッシュフィルターを押し下げてコーヒーを抽出する仕組みのコーヒーメーカーだ。サイフォン式よりも短時間で美味しいコーヒーが入れられるということで、コーヒー好きの間でボダム・ビストロは評判となった。

紙などのフィルターを通して抽出するドリップ式だと、旨味のあるコーヒーの油分がフィルターに吸収されてしまう。フレンチプレス式ならコーヒーの油分をそのまま抽出できるので、コーヒー豆本来の旨味をダイレクトに味わうことができるというわけだ。抽出に時間がかからないのでテイスティングにも適しており、フレンチプレス式のコーヒーメーカーを導入するコーヒー店も増えてきている。

ボダムの直営店は東京・代官山の本店をはじめ、大阪・難波や北九州市の小倉北区など全国に6店舗。コーヒーメーカやコーヒー豆だけでなく、コーヒー関連商品からボダムのロゴ入りTシャツまで幅広く取り揃えている。

ボダムフレンチプレスコーヒーメーカー

ボダム(BODUM)SHIN CHA ティーポット ボダム(BODUM)ティーボウル ティーポット ボダム(BODUM)EILEEN 4カップコーヒーメーカー ボダム(BODUM)コロンビア ティー&コーヒープレス ボダム(BODUM)ASSAM ティーポット ボダム(BODUM)osiris ケトル ボダム(BODUM)MERIOR ティーポット
スポンサーサイト


ケメックス
■ ケメックスのコーヒーメーカー

 ケメックス(CHEMEX)コーヒーメーカー CHEMEX ハンドブロー
ケメックスのコーヒーメーカーを初めて目にした者は、まず漏斗と三角フラスコを合体させたような不思議なフォルムに目を奪われるだろう。実際、このコーヒーメーカーは実験室から誕生した製品と言っても大袈裟ではない。というのも、ケメックス・コーヒーメーカーを考案したピーター・シュラムボームはベルリンで物理化学の博士号を取得した化学者で、彼や面倒臭がり屋の研究者仲間たちは実験室に転がっているフラスコをコーヒーメーカーの代用として日常的に使用していたらしい。つまり、その日常的な使い道をより実用的にしたものがケメックスというわけだ。

ガラスで一体成型されたコーヒーメーカーのボディにはウッドの持ち手が巻きつけられており、コーヒーメーカーの使用時に熱さを感じさせない極めて実用的なアイディアが感じられる。そこに巻かれた革紐も、使い勝手が良いだけでなくデザイン的アクセントとしても重要な役割を果たしている。そしてガラス表面につけられた小さな突起はコーヒーの適正量を示す目安となっている。

実際にケメックスでコーヒーを入れる場合には、特製のケメックス・ボンテッド・フィルターを使用する。通常の紙フィルターより20~30%強度があるこのフィルターは科学的にも濾紙として理想的な形とされ、濾過の際に渋みの原因となる酸味と脂肪分を適度に取り除きコーヒー本来のコクのある旨みを抽出すると言われている。ケメックス・ボンテッド・フィルターは、ケメックスのコーヒーメーカーには欠かせない存在だ。

ちなみにケメックスのコーヒーメーカーはニューヨーク近代美術館(メトロポリタンミュージアム)永久展示品ともなっているのだが、最初に実験室のフラスコでコーヒーを飲み始めた化学者は地団駄を踏んで悔しがったに違いない。なぜなら、その後アメリカに移住し特許を取得したシュラムボームは、ケメックスの大成功によって莫大な利益を得て大金持ちになってしまったからだ。

コーヒーメーカー > ケメックス(CHEMEX)


エヴァソロ
■ エヴァソロのコーヒーメーカー・ティーメーカー

 エバソロ・エヴァソロ(EVA-SOLO)コーヒーメーカー
エヴァソロ(EVA-SOLO)は、1913年創業のエヴァ・デンマーク社から1997年にリリースされたブランド。北欧デンマークのデザインユニット tools design が作り出すエバソロは毎年のように受賞経歴を重ね、高い品質の製品を発表し続けている。エバソロの高いデザイン性と使い勝手の良さはカフェなどでも人気が高く、日本にもファンは多い。保温カバーを利用することでコーヒーの温かさを持続させ、ガラス本体の熱さも緩和させている。持ちやすく滑りにくいので持ち運びも安心だ。

エバソロ・エヴァソロ(EVA-SOLO):ティーメーカー 
コーヒーメーカーもさることながら、エバソロはティーメーカーの人気が非常に高い。お湯の循環によって茶葉がよく回るようにと、コーヒーメーカーよりもふっくらと丸い形をしているのが特徴だ。そして茶葉の種類によって注ぎ方が変えられるので、そのお茶本来の美味しさを引き出すことができる。こちらもコーヒーメーカー同様に、保温カバーを利用することでお茶の温かさを持続させられる。カフェで過ごすような素敵なコーヒータイム・ティータイムを、自宅でも楽しんでみてはいかがだろうか。

エバソロ > コーヒーメーカーティーメーカー

エバソロ・エヴァソロ:ナッツクラッカーエバソロ・エヴァソロ:バキュームフラスクエバソロ・エヴァソロ:シトラススクイーザーエバソロ・エヴァソロ:スプーン&スパチュラセットエバソロ・エヴァソロ:カッティングボードエバソロ・エヴァソロ:ガーリックプレスエバソロ・エヴァソロ:おろし器エバソロ・エヴァソロ:ナイフスタンド アングル


ウォータードリッパー
 水出しコーヒー ダッチコーヒー ウォータードリップキット
■ ダッチコーヒー・ウォータードリップキット

ダッチ・コーヒー(Dutch Coffee)とは簡単に言えば水で抽出したコーヒーのことで、ウォータードリップ・コーヒーとも呼ばれる。戦前の旧オランダ領東インドネシアで栽培されていたコーヒーは苦味やえぐ味が強かったため、なんとかしてこのコーヒーを美味しく飲もうと試行錯誤を繰り返した結果、水による抽出方法が考案されたらしい。

ダッチコーヒーは熱いお湯を使う抽出方法に比べてまろやかな味わいになるのが大きな特長で、カフェイン等の刺激成分が少ないため飲み口が良く、深いコクがあり、酸化もしにくい。一般的なのコーヒーの味は苦みと酸味が中心となるが、ダッチコーヒーはコーヒー本来の甘さを味わえる唯一のコーヒーと言える。この甘みこそがダッチコーヒーが究極のコーヒーとも呼ばれる所以なのだそうだ。

だが、普通の喫茶店などでダッチコーヒーにお目にかかれる機会はほとんどないだろう。その理由はコーヒーの抽出に時間と手間がかかりすぎるからだ。ダッチコーヒーは、深炒りのコーヒー粉をセットした上に水のタンクを置き、一滴一滴、まるで点滴のようにゆっくりと水を落として抽出する。およそ一秒に一滴のペースで少しずつ水を落とすので、コーヒーができあがるまでに8時間~12時間もかかってしまうのだ。

そこでオススメなのが、自宅でダッチコーヒーが味わえるウォータードリップキットだ。自宅で焙煎ができる焙煎機も付いているので、煎りたてのコーヒーをこだわりの水出しで存分に味わうことができる。ダッチコーヒー用のウォータードリップセットはデザイン性にも優れているため、雰囲気のあるインテリアとしても楽しめるだろう。

ダッチコーヒー・ウォータードリップコーヒー・水出しコーヒー

水出しコーヒー ダッチコーヒー 水出しポットキット カリタ:ダッチコーヒー ウォータドリップ・ムービング オージ:ダッチコーヒー ウォータードリッパー WD-36DX オージ:ダッチコーヒー ウォータードリッパー WD-45 オージ:ダッチコーヒー ウォータードリッパー WD-60DX ハリオ:ダッチコーヒー 水出しコーヒー ポタ ブロンズ(ウォータードリッパー)


デバイスタイル
■ デバイスタイルのエスプレッソマシン

 デバイスタイル(deviceSTYLE):エスプレッソマシン
スターバックスやタリーズなどエスプレッソを提供するシアトル系カフェの増加に伴い、家庭でもエスプレッソを楽しみたいという人が増えている。現在の家庭用のエスプレッソマシン市場は、ネスレのネスプレッソとデロンギでほぼ独占状態。そんなヨーロッパブランド優勢の中で、最近エスプレッソ好きの心を掴んでいるのがエスプレッソマシン市場に参入して3年余りの日本メーカー、デバイスタイル・ホールディングスだ。デバイスタイルのエスプレッソマシンは低価格ながら高機能な製品設計で徐々に人気を集め始めている。

エスプレッソマシンはパウダー式とポッド式に大別され、一部ネスレのエスプレッソマシンでは特殊なカプセル式も採用されている。パウダー式は自分でコーヒーをフィルター部分に詰めるので自分好みの味を出すことができる反面、毎回同じ味わいを作るのは難しい。逆に、あらかじめコーヒーが詰められた紙パックをはさむポッド式とアルミのカプセルを用いるカプセル式は、毎回同じ味わいが楽しめるうえに抽出後の粉を捨てる手間もかからないためエスプレッソ初心者にはおすすめだとか。

注目のデバイスタイル・エスプレッソマシンは、家庭用としては珍しいイタリア製ポンプを使用して他社の上位機種と同程度の15気圧を確保。パウダー式とポッド式の両方が使えるため、初心者からエスプレッソ通まで幅広く本格的な味わいを楽しむことができる。それでいて店頭価格はエスプレッソマシンの最安値圏内を維持しているところが偉い。安いからといってデザインに気を抜かないところもデバイスタイルの魅力だ。無駄を省き機能美にこだわったデザインは、見た目に優れるだけでなく非常に扱いやすい。

デバイスタイル・エスプレッソマシンの安さの秘密は業務の大半をアウトソーシングしている点にある。社内にあるのは企画などのマーケティング部門と営業部門だけ。製造や代金回収、アフターサービスなどは全て専門の会社に委託しており、中間コストを大幅に圧縮している。デバイスタイルは自社工場も持たないため製造コストも安く、その結果、高性能なエスプレッソマシンを低価格で提供できるというわけだ。安いだけでなく性能とデザインにもこだわるデバイスタイルのエスプレッソマシンは、これからも目が離せない存在となるだろう。

エスプレッソマシンデバイスタイル > エスプレッソマシン

デバイススタイル コーヒーメーカー:deviceSTYLE CA-6-R(イタリアンレッド) デバイススタイル コーヒーメーカー:deviceSTYLE CA-6-BR(ダークブラウン) デバイススタイル コーヒーメーカー:deviceSTYLE CA-6-Y(パンプキンイエロー) デバイススタイル:ハイブリッドエスプレッソコーヒーメーカー Brunopasso HA12 デバイスタイル:MPS-50 マイクロパウダーセパレーター デバイスタイル・ブルーノパッソ Brunopasso CA-18S コーヒーメーカー【1.8リットル用】 デバイスタイル:ブルーノパッソ Brunopasso CA-W3S サーモ・マグ・コーヒーメーカー+カップ


オマス・パラゴン
OMAS(オマス) 万年筆 アルテイタリアーナ パラゴン
■ オマス アルテイタリアーナ・パラゴン

イタリアの高級万年筆ブランドであるオマスは、使う人を選ばず常に快適な書き心地を約束してくれる。オマスの万年筆の中でもとりわけ人気が高いのが十二面体の繊細なデザインが特徴のパラゴン。オマスの万年筆は製造工程の全てを自社で行っている。この職人らしいこだわりも、オマスというブランドの大きな魅力となっているようだ。

オマスは1925年、高級筆記具の修理職人だったアルマンド・シモーニがイタリアのボローニャで開業したことに始まり、今年で創業80周年を迎える万年筆の老舗だ。オマスは創業以来、12面体のパラゴン万年筆だけでなく医療用体温計を組み込んだドクターペン、4色万年筆、ボディー内部のライトが発光するスケルトン万年筆などを次々と発表してきた。この功績を称え、オマスはイタリア政府からイタリア王室騎士勲章を授与されている。

オマスのパラゴンはもちろん手作り。手作業で12面体にカットするのは至難の業だが、オマスの万年筆職人は2年にわたる修行を経てその技術を習得する。原材料であるセルロイドのカットから始まり、コルクで手仕上げするほどの凝りようだ。オマスでは、1本の万年筆を完成させるのに100日以上を要しているという。イタリア職人こだわりの万年筆、オマスのパラゴンを試してみてはいかがだろうか。

万年筆 > オマス > パラゴン

オマス パラゴン 万年筆 8321オマス:パラゴン・コロニアル・万年筆オマス:アルテ・イタリアーナ・コレクション・ミロード・万年筆オマス:オジバ・ギロシェ・ゴールド・万年筆オマス:360コレクション・万年筆オマス:360コロニアル・万年筆オマス:360コレクション・ボールペンオマス:360メッツオ・ボールペン(ブラック・アイスバーグ・ルビーレッド・パープル・オレンジ・ブルー)


カランダッシュ
■ カランダッシュ エクリドール・シリーズ

 カランダッシュ・エクリドール・シェブロン・フィックスペンシル
六角形で握りやすく、角度を変えるごとにまばゆい光を放つ、スイス・カランダッシュのボールペン。カランダッシュのペン先には6本の極めて細い溝が刻まれており、そこから均等にインクが流れ落ちる構造になっている。そのためカランダッシュのボールペンはインクのかすれやボタ落ちが起こりにくく、滑らかな書き味を実現させている。

カランダッシュとはロシア語で鉛筆の意味。カランダッシュ社はスイス・ジュネーブの筆記用具メーカーとして1924年にアーノルド・シュバイツァーによって設立された。カランダッシュは1929年に現在のシャープペンシルの原型ともいえる自動給芯機能を持つ世界初の完全金属製メカニカルペンシル、フィックスペンシルを開発。特許を取得し、六角形デザインのカランダッシュ・エクリドールシリーズのラインナップに加えた。その後カランダッシュ・エクリドールシリーズは、六角形の美しいフォルムを持つボールペンなどに発展していく。胸ポケットにぴったり収まるショートサイズのカランダッシュ・エクリドールXSも評判となり、エクリドールは一躍カランダッシュの人気シリーズになった。ボールペンの替え芯もカランダッシュの専用品が用意され、ゴリアット・カートリッジと呼ばれている。カランダッシュの製品は、万年筆の部品など一部を除く90%以上の商品がジュネーブのカランダッシュ本社で製造されていることも、品質面での信頼感につながっているようだ。

日本では1999年にカランダッシュ・ジャパンが設立され、カランダッシュの一層の普及が図られている。東京都世田谷区の玉川高島屋、東京都立川市の立川高島屋には、カランダッシュの全商品を揃える専用コーナーが設置されている。今後、カランダッシュは筆記用具にとどまらず、女性向けのバッグやレザー商品なども展開していく方針だという。ファッション分野でも、エクリドールのようなシンプルで美しい商品をカランダッシュに期待したい。

カランダッシュ > 万年筆ボールペン > エクリドール

カランダッシュ:エクリドール・スターリングシルバー・ボールペンカランダッシュ 限定品 マリオボッタ 万年筆(お問合せ価格商品)カランダッシュ:バリアス・カーボン3000・万年筆カランダッシュ:ヘクサゴナル・チャイニーズラッカー・万年筆(エカイユ)カランダッシュ:バリアス・チャイナブルー・万年筆カランダッシュ:バリアス・チャイナブラック・万年筆カランダッシュ ラグーン 万年筆カランダッシュ 限定品 千夜一夜 万年筆カランダッシュ 限定品 マッターホルン 万年筆


ラミー2000
■ ラミー 4色ボールペン(ラミー2000)

ラミー2000 4色ボールペン
ラミー2000シリーズはバウハウスのデザイナーであるゲルト・ハルト・ミュラー氏がデザインを手掛けたもので、シンプルかつ機能的だと世界中で絶賛され多くのデザイン賞を受賞している。ブラックのボディにシルバーのパーツを施したラミー2000シリーズは、何年使っても飽きがこない洗練されたデザインが魅力だ。何でもラミー2000シリーズは、1960年当時に2000年を見越してデザインされたのだとか。この4色ボールペンも、シャープ且つ綺麗なフォルムでグリップも握りやすい。ラミー2000シリーズは多機能なペンだから、ビジネス等でも何かと活躍することだろう。

1930年、ドイツの美しい古都ハイデルベルグに設立されたラミー社は、そのユニークなデザインでドイツのみならず世界中の筆記用具市場に新風を吹き込んだ。自社専属デザイナーにこだわらず、バウハウス出身の様々な分野のデザイナーとコラボレーションすることによって開発されたラミーの筆記用具は、これまでにも多数のデザイン賞を受賞している。機能美を追求したラミーのコンセプトは、商品のみならずパッケージや商品開発が行われる社屋にまで息づいており、クリエイティブな商品が生まれる環境作りにもこだわっているという。

筆記用具 > ボールペン > ラミーLAMY)> ラミー2000

LAMY(ラミー)【dialog】 ダイアログ ボールペンLAMY(ラミー)2000 万年筆LAMY(ラミー)studio【ステュディオ】 万年筆LAMY(ラミー)【Persona】 ペルソナ 万年筆


セーラー・竹取物語
■ セーラー 竹取物語(長原宣義 匠技シリーズ)

セーラー 長原宣義 匠技シリーズ 竹万年筆 糸巻き仕様 竹取物語
ゆっくりと燻された煤竹(すす竹)で作られたこの万年筆は職人の遊び心からできたものだとか。万年筆の一本一本が職人の手作りとなる匠技シリーズ・竹取物語は、手のひらに置いただけでも心地良い温もりを感じられるはず。竹取物語のペン先は21金使用の長刀研ぎ。この長刀研ぎによって、ペンポイントが一般的なペン先に比べて特殊な形状になり、紙面への接地面積が広く滑らかに書くことができる。ペン先を立て気味にして書くと線質は細く、寝かせ気味に書けば太くなる。竹取物語は自然の素材を使用しているため、長さや重量がそれぞれが異なる。匠技シリーズ・竹取物語なら、他にはない自分だけのオリジナル万年筆を持つことができるというわけだ。

1911年、 阪田久五郎(当時28才)が広島県呉市稲荷町にて創業したのがセーラーだ。セーラーは1948年に業界のトップを切ってボールペンを発表し、1968年にはカートリッジ式の万年筆を発売。その後もセーラーはミニ万年筆、ふでペン、カラフル万年筆のキャンディなど次々と画期的なヒット商品を発表し、日本の筆記用具業界を牽引してきた。セーラー万年筆の代表作、プロフィットに採用される長刀研ぎのペン先は、伝統の技を継承する熟練の職人による逸品。セーラー・プロフィットは日本の文字にもっとも適したペン先形状を持ち、書き味が徹底的に追求された万年筆の傑作と言える。

万年筆 > セーラーSAILOR)> 長原宣義・匠技シリーズ > 竹取物語

セーラー プロフィット 長刀研ぎ 万年筆セーラー プロフィットエグゼ・シルバー21 万年筆セーラー プロフェッショルギア 万年筆 ゴールドセーラー:プロフィット蒔絵・万年筆(菊)セーラー プロフィット蒔絵(鯉)


パーフェクトペンシル
■ ファーバーカステル パーフェクトペンシル(カステル9000番)

 ファーバーカステル カステル9000番 パーフェクトペンシル
鉛筆なんて今更使いにくいとお考えの方は、ファーバーカステルの中でも代表的で圧倒的な存在感を放つ、パーフェクトペンシルシリーズをまずはご覧頂きたい。このカステル9000番パーフェクトペンシルはファーバーカステル100周年記念限定のペンシルであり、鉛筆、鉛筆削り、消しゴムがワンセットとなったもの。芯が折れないように付けたキャップが鉛筆削りにまでなるというパーフェクトペンシルならではの画期的な発想は存在感抜群だ。しかもパーフェクトペンシルのデザインは、シルバーのクリップにグリーンの軸という渋めで高級感のあるコントラスト。ファーバーカステル・パーフェクトペンシルは、ポケットや鞄の中にさりげなく入れておきたい一本だ。

1761年、カスパー・ファーバーがドイツ・ニュールンベルグ郊外のシュタインで鉛筆の製造を開始したのがファーバーカステルの始まりだ。1840年にはファーバーカステルの商標を初めて鉛筆に刻印し、1851年には現在の鉛筆のもととなる六角形の鉛筆を発表。それ以降、このファーバーカステルの鉛筆の長さ・太さ・硬度が世界的な基準として認められ、ファーバーカステルは世界一の鉛筆メーカーとしてその名を馳せるようになった。ファーバーカステルは、近年では万年筆をはじめとする高級筆記用具の分野にも進出し、伝統の天然素材を活かした製品で高い評価を得ている。

筆記用具 > ファーバーカステル > パーフェクトペンシル > カステル9000番

ファーバーカステル クラシックコレクション グラナディラ・プラチナコーティング・万年筆ファーバーカステル クラシックコレクション スターリングシルバー 万年筆ファーバーカステル ギロシェ ブラック 万年筆ファーバーカステル ギロシェ サハラ 万年筆ファーバーカステル ギロシェ コーラル(レッド) 万年筆


デュオフォールド
■ パーカー デュオフォールド・オレンジ(ビッグレッド)

 パーカー デュオフォールド・オレンジ ビッグレッド 万年筆
古き良きアメリカと言われる1920年代にビッグレッドの愛称で親しまれた名品デュオフォールド・オレンジ。ビッグレッドは、それまで黒一辺倒だった万年筆にオレンジのカラーとアールデコ調のデザインを持ち込んだセンセーショナルな逸品であった。そして、1945年の太平洋戦争の終結文書には、マッカーサー元帥がこの愛用のビッグレッドを使用。さらに近年ではブッシュ、エリツィン両大統領が軍縮文書の署名にビッグレッドを使用したことから、デュオフォールド・オレンジは平和のためのペンと呼ばれるようになった。

1888年、それまで大きな問題となっていた万年筆のインク漏れを防ぐ画期的なインク供給システムをジョージ・S・パーカーが発明したことからパーカーの歴史は始まった。それ以来パーカーの万年筆は最新の技術を積極的に取り入れ、美しいスタイリング、使いやすさ、そして耐久性などで常に高い評価を獲得してきた。時代を常にリードし歴史に残る万年筆を生み出してきたパーカーの万年筆は、世界で最も愛されているペン ~ The Most Wanted Pen ~のキャッチフレーズにふさわしい名品と言えるだろう。

万年筆 > パーカーPARKER)> デュオフォールド > ビッグレッド

パーカー デュオフォールド センテニアル 万年筆 ブラックパーカー ソネット 万年筆(ラックブラックGT)パーカー ソネット 万年筆 シズレGTパーカー ソネット ボールペン(オーシャンブルーST)パーカー ソネット ボールペン(マットブラックCT)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。